【8日目】仲間を増やす

8 12月

自己紹介

こんにちは,@DaiYagyuです。

「ダイゴン」というニックネームがありますが,最近は本名の「柳生」で呼ばれることが多いです。

DevLOVEのスタッフ歴は長いのですが,近頃は主にデザインやUX,HCD(人間中心設計)関連のイベントを中心に顔を出しています。
1997年にこの業界に入り,プログラマー,SEを経験して,現在は,人間中心設計の専門家として,ソフトウェアなどの使いやすさの向上を支援する活動に従事しています。

これまでの4tate:「仲間を増やす」

「4tate」についての解説は,これまでの皆さんが書いてくださっているので,省略します。

さて,私のこれまでの4tateは,「仲間を増やす」です。私のミッションに,人間中心設計を社内に広める,というものがあります。人間中心設計というのは,文字通り「人」を中心とする考え方です。
我々が作るモノを使うのは誰なのか?最初にその使う人を明確にして,その人にとってどうなっていれば使いやすいのか?どうなっているとうれしいのか?ということを考えることが重要なのです。

まだまだ広く知られていないのですが,人間中心設計によって,付加価値の高いモノを作ることができると考えています。

しかし,「人間中心設計は有効だから,ぜひ取り組んでみてください!」と言っても,そう簡単には受け入れてもらえません。

そこで,開発の現場に出向き,より良いモノを作ろうという想いを共有し,できるだけ一緒に作業することを心がけています。「寄り添う」という表現が,的確かもしれません。

そうすることで,お互いに「仲間」という意識が醸成されて,人間中心設計の有効性も,しっかりと理解してもらえるようになることがわかりました。一度理解してもらえると,その人の知合いにも話が伝わり,私の取り組みを理解してくれる「仲間」が増えていく良いサイクルが生まれつつあります。

昨年10月に会社が合併したこともあり,今年は多くの新しい「仲間」を増やすことができました。その人達とのつながりは,今後も大切にしていきたいと思います。

これからの4tate:「もっと仲間を増やす」

これからも,私の取り組みを理解してくれる「仲間」をもっともっと増やしていきたいと思います。

それに加えて,一緒に人間中心設計の施策を実践する「仲間」も増やしたいと考えています。
現在は,私一人でやっているのですが,それだと限界があるため,実践できる人を育成する必要があります。
専門的な知識やスキルが必要であり,簡単ではありませんが,地道に取り組んでいきたいと思います。

最後に:

これは私の持論ですが,人間中心設計は「思いやり」だと考えています。

思いやりを持つことで,より良いモノが作れると思っています。

それほど難しいことはないと思います。
できることから,実践してみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。