仕事でさっそくおもにzshに火を吹かせてみました。

6 4月

こんにちは。
DevLOVEの裏方、oppyこと小笠原です。

2012/03/26にオラクル青山センターでDevLOVE ターミナル勉強会「オレの*_historyが火を吹くぜ!」を開催しました。
http://kokucheese.com/event/index/21627/

多少、異なる話題も混じっていますが、togetterにもまとめて頂きました。
http://togetter.com/li/278836

講師の方々が上げていただいた資料は下記から御覧いただけます。
@yoozoosatoさん
http://www.slideshare.net/yoozoosato/35-12157981
@masasuz
http://d.hatena.ne.jp/masasuz/20120327/1332860264
@nobu666さん
http://www.slideshare.net/NobutoshiOgata/ssh-tips-tricks

また少々早めに勉強会が終了したあとには、
@ShougoMatsuさんにもムチャぶりでLT的に話をして頂きました。

第1回はまだzshやscreenを触ったことのない方々に向けての勉強会でした。
この第2回目は半年以上が過ぎたので、第1回をきっかけてに使い始めた人たちにむけて、更に便利なコマンドや設定などを知っていただくことを目的に開催されました。

それも第1回に講師をしていただいたり、LTをしていただいたりした方々に、実際に使っているコマンドや設定方法を伝授していただく形で開催できることとなりました。
毎度、発表をしていただき誠にありがとうございました。

お話を聞いた後、さっそく仕事でも試してみたなかで印象に残ったものをいくつか書きたいと思います。
ちなみにOSはCentos5です。

ls -lh
ファイルの容量がメガやギガの単位でわかりやすく表示されます。

df -h
ディスク使用量などがメガやギガの単位でわかりやすく表示されます。

ssh -vvv
さっそく環境構築のお仕事があったので使ってみました。
いきなりvを3つ付けるとログの量が多すぎるのですこしずつ増やしてゆくと良いと思います。
僕が使ったときは、jenkinsがgitリポジトリに接続できないという場面で使いました。

cal -y
カレンダーを年単位で表示してくれます。
勉強会で「なぜこれがhistoryファイルにあったのか?」と話題なっていました。
が、意外に便利です。
iTermを全画面展開しているときには日付が見えないので、「今日何日だっけ?」というときに使っています。

ls -t
これはファイルを更新日時で降順に並べてくれるコマンドです。
ちなみに ls -rtとすると昇順に並べてくれます。

ldd
指定したプログラムやライブラリが必要とする共有ライブラリを表示します。
開発にmecabを使う際に、libMeCab.soを作成した際に使用しました。
どうもプログラムからlibMeCab.soが見えないといわれるのでおかしいなぁ、と思ってこのコマンドを使って調べたところ、libMeCab.soの参照が切れていることを発見して修正することができました。

grep -r –exclude-dir=.svn
grep時にexclude-dirで指定したディレクトリを無視して再帰的に検索します。
自分の記憶では仕事で使ったことがあったつもりだったのですが、grepのversionが低すぎて使えませんでした。
–exclude-dirが使えるのは、GNU grepのバージョンが5.2.3からだそうです。
https://www.zulius.com/how-to/grep-skip-svn-directories/

-exclude-dirが使えない場合は、
grep -r “検索語” | grep -v .svn
とやると.svnフォルダを無視してくれます。.gitの場合は、.svnのところを.gitにすればいいです。

個人的なこの勉強会での一番の学びは「基本はすべてmanに載っている」ということでした。

この勉強会以降、lsやgrepなどのmanをよく読むようになりました。
manって英語だしなんだか読みづらいしと思っていたのですが、慣れると結構読みやすく発見もあります。
「こんなのあるかなぁ」という時はググったほうが早い場合もありますが、ビルドやテストで待っている際に興味のあるコマンドのmanを読んでみるというお付き合いの仕方が良い気がします。

すでに第2回を実施中に3回目の実施の流れができていたので、第3回も開催できればと思っています。
どなたか「オレのhistoryが火を吹くぜ」という方がいらしたら、ぜひ、お声掛け下さい。

この度は、講師の皆様、また会場提供を頂いた日本オラクルさま、ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

蛇足ですが、主催側としては始まるまでの時間がちょっと静かすぎたので、音楽を準備するなど無用な緊張感のない場づくりをしたいと思いました。
勉強会についてご意見や感想をぜひお聞かせください。
次回に活かしたいと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。