【19日目】Professional な 味噌ダレ

3 12月

自己紹介

@kaji_3 こと、かじです。SIerでエンジニアしてます。今年の2月に東京からカツに味噌がデフォルトな名古屋へUターン。転職はしませんでしたが別カンパニーに移籍したので職場環境は180度変わって大変有意義な毎日です。

「御社はITのプロですよね!?」

さて、今回のテーマ「Professional」について。残念ですが「御社はITのプロですよね!?」とツッコミを頂いた事は何回か保守運用だったり開発だったりであります。ツッコミ受領時はトラブル真っ只中なので消火活動に全力を尽くし、プロジェクトのふりかえりで「トラブルを防ぐために何をすればよかったのか」で終わるのですが今回は根っこである「顧客が望んでいたプロとは何だったか」について考えてみます。

プロって

自分には出来ないけど、どうしてもやりたい。やらなくてはいけない事を達成するため誰かにお願いをする。しかし、失敗は許されないため確実に遂行できる人に任せたい。そこで「できる能力」を保有している人に任せたい、そう、プロって「スキル」「スペック」が高い人だよね!と思ってました。しかし、最近「これがプロか!」と圧倒される人に出会い考えが変わってきました。

経験から来る最適解

最近お世話になっている方はスキル、スペックが高いというのは当然で、その上、こんなん困っているんですけど!と相談するとGoogle検索ではなく、自分用フォルダから資料を持ってくる。それはその方のプロジェクトや技術に対しての考えを日々ブラッシュアップした秘伝のタレみたいなもの。形はソースだったり設計書だったり計画書だったりと色々ですが。自分が経験した失敗や学んだ知識を整理しその上で要望、状況に合わせて最適解を提示する。言葉にしたら至極当たり前だけど仕事をただやるだけならタレなんて作らなくてもいいはずで、仕事をする上でどうしても極上のものに辿り着きたくて作ってしまった。その極上のものを目指そうとする姿勢とやり切るこだわりがプロなんじゃないかなと。

個人として

そんな秘伝のタレを保有している人に何人か出会い、自分のタレはあるかと振り返った時、勉強会で得たインプットはアウトプットしたか、心身を壊してしまう程のデスマーチ経験は身体に染み付いて習慣になったのか、正直、勉強会に参加したら楽しい→終了、デスマーチから開放されて気持ちいいい→終了、で終わっている自分がいました。そで最近はブログを豆につけるようになりました。調べた事、気づいた事は即ブログにアウトプットしてます。自分の「ぼくが考えた最高のタレ」を漬け込むようにしています。

チームとして

しかし個人として努力ど続けても、顧客からは個人ではなく「御社」に依頼をされているわけで、ツッコミは会社に対して頂いている訳です。自分一人が秘伝の味噌タレを漬け込んでいても残念ながら顧客との設定は総合的なサービスで勝負な訳です。幸い、周りを見ると串かつ上げるのが得意な人、接客がうまい人が周りにいっぱいいます!これを組み合わせれば有名店になれるんじゃね!?とか考え組織のコラボレーション的なものについて考えたり実行したりしています。

いつか

うちのプロなチームがこんな事をやったよ!というのを発表できるのを夢見て今後も個人としてもチームとしても取り組んでいきたいです。

次は。。

私と同じく最近CSMに研修を受けられた土肥 拓生さんです!よろしくお願いします!

広告

コメント / トラックバック1件 to “【19日目】Professional な 味噌ダレ”

  1. takepu 12月 5, 2012 @ 12:20 am #

    「タレ」とか「引き出し」とか「持ちネタ」とか色々言い方はありますが、プロってドラえもんみたいにその場に合った最適なソリューションを提供してくれるんですよね。
    素直んじスゴいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。