アーカイブ | #4tate RSS feed for this section

仕事でさっそくおもにzshに火を吹かせてみました。

6 4月

こんにちは。
DevLOVEの裏方、oppyこと小笠原です。

2012/03/26にオラクル青山センターでDevLOVE ターミナル勉強会「オレの*_historyが火を吹くぜ!」を開催しました。
http://kokucheese.com/event/index/21627/

多少、異なる話題も混じっていますが、togetterにもまとめて頂きました。
http://togetter.com/li/278836

講師の方々が上げていただいた資料は下記から御覧いただけます。
@yoozoosatoさん
http://www.slideshare.net/yoozoosato/35-12157981
@masasuz
http://d.hatena.ne.jp/masasuz/20120327/1332860264
@nobu666さん
http://www.slideshare.net/NobutoshiOgata/ssh-tips-tricks

また少々早めに勉強会が終了したあとには、
@ShougoMatsuさんにもムチャぶりでLT的に話をして頂きました。

第1回はまだzshやscreenを触ったことのない方々に向けての勉強会でした。
この第2回目は半年以上が過ぎたので、第1回をきっかけてに使い始めた人たちにむけて、更に便利なコマンドや設定などを知っていただくことを目的に開催されました。

それも第1回に講師をしていただいたり、LTをしていただいたりした方々に、実際に使っているコマンドや設定方法を伝授していただく形で開催できることとなりました。
毎度、発表をしていただき誠にありがとうございました。

お話を聞いた後、さっそく仕事でも試してみたなかで印象に残ったものをいくつか書きたいと思います。
ちなみにOSはCentos5です。

ls -lh
ファイルの容量がメガやギガの単位でわかりやすく表示されます。

df -h
ディスク使用量などがメガやギガの単位でわかりやすく表示されます。

ssh -vvv
さっそく環境構築のお仕事があったので使ってみました。
いきなりvを3つ付けるとログの量が多すぎるのですこしずつ増やしてゆくと良いと思います。
僕が使ったときは、jenkinsがgitリポジトリに接続できないという場面で使いました。

cal -y
カレンダーを年単位で表示してくれます。
勉強会で「なぜこれがhistoryファイルにあったのか?」と話題なっていました。
が、意外に便利です。
iTermを全画面展開しているときには日付が見えないので、「今日何日だっけ?」というときに使っています。

ls -t
これはファイルを更新日時で降順に並べてくれるコマンドです。
ちなみに ls -rtとすると昇順に並べてくれます。

ldd
指定したプログラムやライブラリが必要とする共有ライブラリを表示します。
開発にmecabを使う際に、libMeCab.soを作成した際に使用しました。
どうもプログラムからlibMeCab.soが見えないといわれるのでおかしいなぁ、と思ってこのコマンドを使って調べたところ、libMeCab.soの参照が切れていることを発見して修正することができました。

grep -r –exclude-dir=.svn
grep時にexclude-dirで指定したディレクトリを無視して再帰的に検索します。
自分の記憶では仕事で使ったことがあったつもりだったのですが、grepのversionが低すぎて使えませんでした。
–exclude-dirが使えるのは、GNU grepのバージョンが5.2.3からだそうです。
https://www.zulius.com/how-to/grep-skip-svn-directories/

-exclude-dirが使えない場合は、
grep -r “検索語” | grep -v .svn
とやると.svnフォルダを無視してくれます。.gitの場合は、.svnのところを.gitにすればいいです。

個人的なこの勉強会での一番の学びは「基本はすべてmanに載っている」ということでした。

この勉強会以降、lsやgrepなどのmanをよく読むようになりました。
manって英語だしなんだか読みづらいしと思っていたのですが、慣れると結構読みやすく発見もあります。
「こんなのあるかなぁ」という時はググったほうが早い場合もありますが、ビルドやテストで待っている際に興味のあるコマンドのmanを読んでみるというお付き合いの仕方が良い気がします。

すでに第2回を実施中に3回目の実施の流れができていたので、第3回も開催できればと思っています。
どなたか「オレのhistoryが火を吹くぜ」という方がいらしたら、ぜひ、お声掛け下さい。

この度は、講師の皆様、また会場提供を頂いた日本オラクルさま、ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

蛇足ですが、主催側としては始まるまでの時間がちょっと静かすぎたので、音楽を準備するなど無用な緊張感のない場づくりをしたいと思いました。
勉強会についてご意見や感想をぜひお聞かせください。
次回に活かしたいと思っています。

ぐるぅびぃかふぇを開店しました

22 3月

こんばんは。
DevLOVEの裏方、おっぴーです。

タイトルのとおり、有志をつのって「ぐるぅびぃかふぇ」という場を開催をいたしました。

ぐるぅびぃかふぇは、その名の通り?Groovyというプログラミング言語を中心に据えて、各人が興味をもっていることを発表したり、ハンズオン的に手を動かすことを目的とした集まりです。

そもそも、なんでGroovyなのか。
以下のような思いがあってGroovyを勉強しています。

・Javaにくらべて書いていて気持ちいい
・Grailsというフレームワークがかなり便利
・Jenkinsとの相性がよさそう(よくなってゆきそう)
・AntやMavenの良い所どりをしているGradleがビルドツールが素敵そう

前半2つは、Groovyを使ってプロダクトをつくってみたい、という動機につながっています。

Javaを拡張して作成されているGDKはかゆいところに手がとどく機能を提供してくれています。
MarckupBuilderやXMLParserやXMLSlurperはJavaであればゴリゴリ書かなければならないHTMLやXMLを簡単に記述できるようにしてくれます。

Grailsは名前から想像できるようにRuby on Railsに非常に似たフレームワークです。
とはいえ中身はSpringやHibernateといった従来からJavaのプロダクトを利用したエコシステムを作り上げています。
セットアップも非常に簡単です。
generateやscaffoldを使えば、動くアプリケーションを簡単に生成できます。
モデル駆動型開発に非常に相性が良いのではないかと思います。

後半2つはプロダクトを作ると言うよりはその補助としての活躍を期待しています。
JenkinsはCIの代表的なツールです。
つい最近、オライリーから『Jenkins』という書籍も出版されています。
そして、この書籍でもGroovyScriptの利用方法を始めとして、GradleやGrailsにまつわるビルドなどについても言及されています。
僕にとってはかなり意外だったのですが、思っていた以上にGroovyは存在感があるようでした。

「Groovyをやろう」というと、「なんでScalaじゃないの?」と質問をよくされるわけですが、僕がGroovyに手を出した理由は後半2つが大きな理由になっています。
仕事でもJenkinsの面倒を見ているので、よりJenkinsと親和性が高い、もしくは今後高まってゆきそうなGroovyを学びたいな、と思うようになりました。

以上のような理由から、僕はGroovyを学びたいと思っています。

ちなみに、この「ぐるぅびぃかふぇ」は、通常のDevLOVEのようにこくちーずなどで参加者を募る事は考えておりません。
DevLOVEを通じて知り合った方々と小さめで、ハンズオンやもくもくと自分のやりたいことをやる場として 考えています。
成果は、このブログをつうじて今後、みなさんにシェアをしてゆきたいと思っています。

次回はGradleとSpockを利用してテストをかきながらFizzBuzzを実装するというハンズオンをやる予定です。

CROSS新年会でLTをしてきました。

30 1月

こんにちわ、papandaです。先日、CROSS新年会にDevLOVEとして参加してきました!

そこでDevLOVEを紹介するLTをしました。今後のDevLOVEの活動に加えたいテーマがあり、これを軸にお話させて頂きました。

「LOVEられるDev」です。

 

続きを読む

【25日目】「Boys, be ambitious」を胸に帆を立て大海原へ!

25 12月

2011年のクリスマス、いかがお過ごしですか?
@kohsei です。翔泳社で企画営業をしています。Developers Summit(以下デブサミ)をやっている御縁で、2010年からDevLOVEの裏方スタッフに入れていただきました。

2011年は、DDD前夜祭縦サミに裏方として、また、5/21に@take3000@yattomと「HangarFlight – Spring Bomb –」で「コミュニティやっててよかった!? 3.11で思ったこと」 と題した、震災の時のことをシェアするワークショップに企画者として参加しました。

2011/12/25は、45回目の私の誕生日。4tateするのにこれ以上のタイミングがないと思い、しばらくDevLOVEで活動していないのに申し訳ない気持ちありつつ、この日のエントリーを立候補しました!

続きを読む

【24日目】Everything is Development.

24 12月

Merry Christmas! @ujtommyです。

Kung fu lives in everything we do.
It lives in how we put on a jacket, how we take off the jacket.
And lives in how we treat people.
Everything is kung fu.
-The Karate Kid-

自己紹介

自己紹介苦手ですねぇ。まったく慣れませんね。
“ujtommy”とか”uj”とか”とまやまさん”とか”先輩”とか、色んな名前で呼ばれています。
きっと、みんな気分で呼んでいて、特に使い分けの区別なんて無いと思うんだけど、どうだろう?
ホントはね、”uj”か”tommy”って、呼ばれたいんですよー。
3年くらいROMっていましたが、今年からDevLove URAKATAに真っ向からJoinして、様々に場作りを共にするようになりました。
普段は、独立系SIerでマネジメント業をしています。

続きを読む

【23日目】得たものを繋げていく

23 12月

こんにちは、23日目を担当させていただきます @papanaa です。

 

自己紹介

中堅の受託メインの会社に所属し、現在は金融系のお客様の元に常駐、システム開発という名の何でも屋さんをやっています。
昔はC、C++をガリガリ書いていましたが、今はあまりコードを書かない生活を送っています。
酒好き娘LOVEなアラフォーですが、もしよろしければ絡んでやってください。
DevLOVE歴は八ヶ月で、今年春の縦サミが最初で、HangarTalks、HangarFlight Spring
Bomb等いくつかの会に参加させていただきました。

続きを読む

【22日目】もっと高いところから今を見つめてみる

22 12月

@ShiroKappaさんからバトンを受けました、こんにちは、やまかず(@ymkz303)と申します。

自己紹介

本職は、新宿にある某ベンチャー企業で、コンシューマ向けのモバイル向けアプリを作っています。立ち位置としては、開発を円滑に進めるべく奮闘するスクラムマスター兼プロダクトオーナー補佐のような役割を担っています。

続きを読む